サッカー情報ナビ

世界の最新サッカー情報を更新していきます!!

【最新サッカー情報】

アジア人サッカー移籍金ランキング(2016年)【サッカー情報ナビ】

アジア人限定のサッカー移籍金ランキングです。
ほぼ日本人が占めています。

やはり中田はすごいというのがよくわかりますね。

1位の韓国代表のソン・フンミンはさすがといった感じです。

3桁越えのプレーヤーが出てきてくれるのを楽しみに、日本人プレーヤーを
応援していきたいものです!!

【サッカー移籍金ランキング(アジア)】

1位:ソン・フンミン(韓国代表)
  レバークーゼン→トッテナム(2015年8月)
  移籍金:3000万ユーロ(約40億5000万円)

2位:中田英寿(元日本代表)
  ローマ→パルマ(2001年7月)
   移籍金:2600万ユーロ(約35億1000万円)

3位:中田英寿(元日本代表)
  ペルージャ→ローマ(2000年1月)
   移籍金:2200万ユーロ(約29億7000万円)

4位:香川真司(日本代表)
  ドルトムント→マンチェスター・ユナイテッド(2012年7月)
   移籍金:1600万ユーロ(約21億6000万円)

5位:ソン・フンミン(韓国代表)
  ハンブルガーSV→レバークーゼン(2013年7月)
   移籍金:1000万ユーロ(約13億5000万円)

6位:岡崎慎司(日本代表)
  マインツ→レスター・シティ(2015年7月)
    移籍金:950万ユーロ(約12億8250万円)

7位:本田圭佑(日本代表)
    VVVフェンロ→CSKAモスクワ(2010年1月)
    移籍金:900万ユーロ(約12億1500万円)

8位:キ・ソンヨン(韓国代表)
  セルティック→スウォンジー(2012年8月)
  移籍金:820万ユーロ(約11億700万円)

9位:香川真司(日本代表)
  マンチェスター・ユナイテッド→ドルトムント(2014年8月)
  移籍金:800万ユーロ(約10億8000万円)

10位:パク・チソン(元韓国代表)
   PSV→マンチェスター・ユナイテッド(2005年7月)
   移籍金:450万ユーロ(約6億750万円)

サッカー五輪 優勝回数ランキング(1900年~2016年)【サッカー情報ナビ】

サッカーのオリンピック(五輪)で一番優勝回数が多い国はどこか調べてみました!

対象となる年代は1900年~2016年リオまでです。

色々な事情で今はない国もありますが、かなり分散しているのが
わかります。
W杯と違って、条件など色々な要因があるからですかね。

【優勝回数ランキング(1900~2016)】

1位 3回 ハンガリー
1位 3回 イギリス
2位 2回 アルゼンチン
2位 2回 ソ連
2位 2回 ウルグアイ
3位 1回 カメルーン
3位 1回 ナイジェリア
3位 1回 スペイン
3位 1回 フランス
3位 1回 チェコスロバキア
3位 1回 東ドイツ
3位 1回 ポーランド
3位 1回 ユーゴスラビア
3位 1回 スウェーデン
3位 1回 イタリア
3位 1回 ベルギー
3位 1回 カナダ
3位 1回 メキシコ
3位 1回 ブラジル

世界クラブ価値ランキング(2016年)【サッカー情報ナビ】

アメリカのフォーブス誌が発表した、世界で価値のあるクラブランキングです。

ドルトムントやACミラン、シャルケ、インテルと日本人選手も所属している
チームが多数あります!

個人的にはナポリが19位にいるのがびっくりです。
昔はとても弱かったイメージですが、近年の活躍はすばらしいですからね!

【世界クラブ価値ランキング(2016) ベスト20】

1 レアル・マドリード(ESP)
   36億5千万ドル
2 バルセロナ(ESP)
   35億5千万ドル
3 マンチェスター・U(ENG)
   33億2千万ドル
4 バイエルン・ミュンヘン(GER)
   26億8千万ドル
5 アーセナル(ENG)
   20億2千万ドル
6 マンチェスター・C(ENG)
   19億2千万ドル
7 チェルシー(ENG)
   16億6千万ドル
8 リバプール(ENG)
   15億5千万ドル
9 ユベントス(ITA)
   13億ドル
10 トットナム(ENG)
   10億2千万ドル
11 ボルシア・ドルトムント(GER)
    8億3600万ドル
12 A.C. ミラン(ITA)
    8億2500万ドル
13 パリ・サンジェルマン(FRA)
    8億1400万ドル
14 シャルケ 04(GER)
    6億5500万ドル
15 アトレティコ・マドリード(ESP)
    6億3300万ドル
16 インテル・ミラノ(ITA)
    5億5900万ドル
17 ウエストハム(ENG)
    5億4200万ドル
18 AS ローマ(ITA)
    5億800万ドル
19 ナポリ(ITA)
   3億9600万ドル
20 ニューカッスル(ENG)
   3億8300万ドル

イングランド・プレミアリーグ(過去20年ゴールランキング)【サッカー情報ナビ】

イングランド・プレミアリーグの年間得点をランキングにしました!

一位はスアレスとロナウドです。
さすがといった感じでしょうか!

アンリに関しては4度も得点王に輝いています。
まさにレジェンド名にふさわしいですね!!

【過去20年の年間得点王のランキング 1996-2015】

 1位 31得点 スアレス(2013-2014)
 1位 31得点 C・ロナウド(2007-2008)
 3位 30得点 ファン・ペルシ(2011-2012)
 3位 30得点 アンリ(2003-2004)
 5位 30得点 フィリップス(1999-2000)
 6位 29得点 ドログバ(2009-2010)
 7位 27得点 アンリ(2006-2005)
 8位 26得点 アグエロ(2014-2015)
 9位 26得点 ファン・ペルシ(2012-2013)
10位 25得点 ハリー・ケイン(2015–2016)
10位 25得点 アンリ(2004-2005)
10位 25得点 ファン・ニステルローイ(2002-2003)
13位 24得点 アンリ(2001-2002)
14位 23得点 ハッセルバインク(2000-2001)
15位 20得点 ディミタール(2010-2011)
15位 20得点 テベス(2010-2011)
15位 20得点 ドログバ(2006-2007)
18位 19得点 アネルカ(2008-2009)
19位 18得点 ハッセルバインク (1998-1999)
19位 18得点 オーウェン(1997-1998)

2016年(9月~12月)の代表戦日程【サッカー情報ナビ】

今年も残すところ、約三ヶ月。

代表戦はあと4試合です!

W杯をかけた試合が3試合もあります。
全勝して、来年に弾みをつけたいところですね!!


【代表戦日程 2016/9~2016/12】


〇10/6(木)W杯最終予選(ホーム)
 【日本×イラク】
 19:35キックオフ
  埼玉スタジアム2002


〇10/11(火)W杯最終予選(アウェイ)
 【オーストラリア×日本】
 18:00キックオフ
  ドックランズスタジアム


〇11/11(金) 国際親善試合(ホーム)
 【日本×オマーン】
 19:20キックオフ
 県立カシマサッカースタジアム


〇11/15(火) W杯最終予選(ホーム)
 【日本×サウジアラビア】
 19:35キックオフ
 埼玉スタジアム2002

サッカー日本代表 歴代ゴールランキング(2016年9月現在)【サッカー情報ナビ】

日本代表の歴代ゴールランキングです。
【2016年9月16日現在】

1位の釜本さんはすごいですね!
2位にはキングカズ、生きるレジェンドと世界で名を轟かしています!
3位の岡崎、彼なら記録を塗り替えられるかもしれません!!

以下、ランキングです。

順位 選手  得点数

1位 釜本邦茂 75
2位 三浦知良 55
3位 岡崎慎司  49
4位 原博実  37
5位 本田圭佑  36
6位 高木琢也 27
6位 香川真司  27
8位 木村和司 26
9位 中村俊輔 24
10位 高原直泰 23
11位 中山雅史 21
12位 宮本輝紀 19
13位 柳沢敦  17
13位 中澤佑二 17
15位 玉田圭司 16
16位 杉山隆一 15
16位 碓井博行 15
16位 遠藤保仁 15
19位 渡辺正  12
19位 森島寛晃 12
21位 八重樫茂生 11
21位 小城得達 11
21位 前田秀樹 11
21位 中田英寿 11
21位 久保竜彦 11
21位 鈴木隆行 11
27位 横山正文 10
27位 西澤明訓 10
27位 前田遼一 10
30位 二宮寛  9
30位 永井良和 9
30位 奥寺康彦 9
30位 落合(山田)弘 9
30位 福田正博 9
30位 名波浩  9
30位 吉田麻也  9
37位 川淵三郎 8
37位 巻誠一郎 8
37位 闘莉王  8
40位 吉村大志郎 7
40位 上田忠彦 7
40位 藤島信雄 7
40位 水沼貴史 7
40位 城彰二  7
40位 福西崇史 7
40位 三都主  7
40位 小笠原満男 7
48位 金田喜稔 6
48位 加藤久  6
48位 松浦敏夫 6
48位 前田治  6
48位 柱谷哲二 6
48位 小野伸二 6
48位 大久保嘉人 6
48位 中村憲剛 6

FIFAランキング 2016年9月発表 日本は56位。【サッカー情報ナビ】

2016年9月のFIFAランキングが発表になりました。

日本は56位とかなり低迷中です。

アジア1位は37位のイランです。
次にオーストラリア、韓国、サウジアラビア。
日本はアジアではその下です。

ロシアW杯に向けて、アジア1位にはなっておいて
欲しいですね。。。

以下、ベスト60です。

1 アルゼンチン
2 ベルギー
3 ドイツ
4 コロンビア
4 ブラジル
6 チリ
7 ポルトガル
8 フランス
9 ウルグアイ
10 ウェールズ
11 スペイン
12 イングランド
13 イタリア
14 クロアチア
15 メキシコ
16 スイス
17 ポーランド
18 コスタリカ
19 エクアドル
20 ハンガリー
21 トルコ
22 アメリカ合衆国
23 ボスニア・ヘルツェゴビナ
24 オランダ
25 ペルー
26 オーストリア
27 アイスランド
28 スロバキア
29 ウクライナ
30 北アイルランド
31 アイルランド
32 ルーマニア
33 チェコ
34 コートジボワール
35 アルジェリア
36 パラグアイ
37 イラン
38 ロシア
39 セネガル
40 アルバニア
41 スウェーデン
42 チュニジア
43 ガーナ
44 スコットランド
45 オーストラリア
46 デンマーク
47 韓国
48 ギリシャ
49 ウズベキスタン
50 セルビア
51 コンゴ民主共和国
52 サウジアラビア
53 エジプト
54 コンゴ共和国
55 マリ
56 日本
57 ベラルーシ
58 モロッコ
59 カメルーン
60 ベネズエラ

FIFAランキング 2016年8月発表【サッカー情報ナビ】

FIFAランキング 2016年8月です。

日本はW杯をかけた最終予選を戦っている最中です。
ランキングは気になるところ。

しかし49位と中々厳しい状況ですね。

以下、ベスト50です。

1 アルゼンチン
2 ベルギー
3 コロンビア
4 ドイツ
5 チリ
6 ポルトガル
7 フランス
8 スペイン
9 ブラジル
10 イタリア
11 ウェールズ
12 ウルグアイ
13 イングランド
14 メキシコ
15 クロアチア
16 ポーランド
17 エクアドル
18 スイス
19 ハンガリー
20 トルコ
21 コスタリカ
22 オーストリア
23 アイスランド
24 スロバキア
25 ルーマニア
26 オランダ
26 アメリカ合衆国
27 北アイルランド
28 ボスニア・ヘルツェゴビナ
30 ウクライナ
31 アイルランド
32 アルジェリア
33 ペルー
34 チェコ共和国
35 ガーナ
36 コートジボワール
37 アルバニア
38 ロシア
39 イラン
40 スウェーデン
41 セネガル
42 パラグアイ
43 エジプト
44 デンマーク
45 チュニジア
46 ベネズエラ
47 セルビア
48 韓国
49 日本

アジア最終予選進出12チームが決定!【サッカー情報ナビ】

アジア二次予選の結果は以下です。 

  A組 1位サウジアラビア  2位UAE

 B組 1位オーストラリア  

 C組 1位カタール            2位中国

 D組 1位イラン        

 E組 1位日本                 2位シリア

 F組 1位タイ                   2位イラク

 G組 1位韓国             

 H組 1位ウズベキスタン

この12チームを2組に分け、各組上位2チームがW杯出場権を獲得です。
3位同士はアジア・プレーオフを戦い、勝者が北中米カリブ海4位との大陸間プレーオフへ進みます。

組み合わせ抽選は4月12日です!

ここまでくると、W杯が近づいてきた感じがします。

どんな組み合わせになるのか楽しみです♪

日本代表歴代監督リスト【サッカー情報ナビ】

日本代表の歴代監督をリスト化してみました。

懐かしい監督も多々います。
個人的にはトルシエかなぁ。

○ハリル・ホジッチ (現在):10勝1負4分け
○ハビエル・アギーレ(2015年):6勝3敗1分け
○アルベルト・ザッケローニ(2010~2014年):31勝13敗11分け
○岡田武史(2007~2010年):26勝11敗13分け
○イビチャ・オシム(2006~2007年):13勝5敗2分け
○ジーコ(2002~2006年):39勝18敗15分け
○フィリップ・トルシエ(1998~2002年):23勝12敗15分け
○岡田武史(1997~1998年):9勝6敗4分け
○加茂 周(1995~1997年):24勝14敗8分け
○ロベルト・ファルカン(1994年):3勝2敗4分け
○ハンス・オフト(1992~1993年):17勝4敗6分け
○横山謙三(1988~1991年):5勝12敗7分け
○石井義信(1986~1987年):11勝4敗2分け
○森孝慈(1981~1985年):22勝16敗5分け
○川淵三郎(1980

改めて見ると、ほとんどの監督で勝ち越していますね。
それなのにFIFAランクは低いまま。

弱いチームと戦って勝ってるということですかね。

ジーコの勝利数はすごいですが、何かイマイチだった記憶が
あるのは自分だけでしょうか。。。

世界のサッカースタジアム 収容人数ランキング2016【サッカー情報ナビ】

世界のサッカースタジアムランキングです。

1位は北朝鮮でメーデースタジアム。
なんと15万人収容可能です!
後ろの方は見えるのだろうか。。。

次はインドと意外ですね。

カンプノウは6位。個人的には1位かと思ってました。

日本は33位の横浜国際競技場、54位に埼玉スタジアム2002です。
あんなに広くても世界を相手にすると小さいものなんですね。。。

【世界のサッカースタジアム 収容人数ランキング ベスト60】

1位  150000人 綾羅島メーデー・スタジアム  北朝鮮
2位  120000人 ソルトレイク・スタジアム  インド
3位  105000人 エスタディオ・アステカ  メキシコ
4位  100200人 ブキット・ジャリル国立競技場  マレーシア
5位  100000人 アザディ・スタジアム  イラン
6位  99354人  カンプ・ノウ  スペイン
7位  94700人  FNBスタジアム  南アフリカ
8位  90000人  ウェンブリー・スタジアム  イングランド
9位  88306人  ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム  インドネシア
10位 86000人  ボルグ・エル・アラブ・スタジアム  エジプト
11位 85454人  エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ  スペイン
12位 83500人  スタジアム・オーストラリア  オーストラリア
13位 82238人  マラカナン  ブラジル
14位 81338人  スタッド・ド・フランス  フランス
15位 81264人  ヴェストファーレンシュタディオン  ドイツ
16位 80093人  エスタディオ・モヌメンタル  ペルー
17位 80074人  サン・シーロ  イタリア
18位 80012人  広東オリンピックスタジアム  中国
19位 80000人  北京国家体育場  中国
19位 80000人  スタッド・デ・マルティール  コンゴ民主共和国
19位 80000人  上海体育場  中国
22位 78360人  ルジニキ・スタジアム  ロシア
23位 75957人  オールド・トラッフォード  イングランド
24位 75783人  ミネイロン  ブラジル
25位 75480人  アタテュルク・オリンピヤット・スタディ  トルコ
26位 75263人  カステラン  ブラジル
27位 75000人  カイロ国際スタジアム  エジプト
27位 75000人  アレッポ国際スタジアム  シリア
27位 75000人  ジャワハルラール・ネルー・スタジアム  インド
30位 74500人  ミレニアム・スタジアム  ウェールズ
31位 74228人  ベルリン・オリンピアシュタディオン  ドイツ
32位 72698人  スタディオ・オリンピコ  イタリア
33位 72327人  横浜国際総合競技場  日本
34位 71030人  アテネ・オリンピックスタジアム  ギリシャ
35位 70000人  ヤデガレ・エマーム・スタジアム  イラン
35位 70000人  モーゼス・マヒダ・スタジアム  南アフリカ
37位 69372人  シャー・アラム・スタジアム  マレーシア
38位 69070人  ケープタウン・スタジアム  南アフリカ
39位 69004人  オリンピスキ・スタジアム  ウクライナ
40位 68756人  ジレット・スタジアム  アメリカ
41位 68476人  ソウルワールドカップ競技場  韓国
42位 67428人  エスタジオ・ド・モルンビー  ブラジル
43位 67000人  クエスト・フィールド  アメリカ
43位 67000人  キング・ファハド国際スタジアム  サウジアラビア
45位 66308人  オリンピック・スタジアム  カナダ
46位 66161人  北京工人体育場  中国
47位 69901人  アリアンツ・アレーナ  ドイツ
47位 66000人  エスタディオ・センテナリオ  ウルグアイ
47位 66000人  1962年7月5日スタジアム  アルジェリア
50位 65764人  大邱スタジアム  韓国
51位 65647人  エスタディオ・ダ・ルス  ポルトガル
52位 65000人  ラジャマンガラ・スタジアム  タイ
53位 65000人  スタッド・オリンピック・ド・ラデ  チュニジア
54位 63700人  埼玉スタジアム2002  日本
55位 63186人  エスタディオ・オリンピコ・ウニベルシタリオ  メキシコ
56位 62567人  エリス・パーク・スタジアム  南アフリカ
57位 62000人  青島天泰体育場  中国
58位 61482人  アレナ・アウフシャルケ  ドイツ
59位 60361人  エミレーツ・スタジアム  イングランド
60位 60355人  セルティック・パーク  スコットランド


世界クラブランキング 2016年3月【サッカー情報ナビ】

世界クラブランキングの発表です。

あまり知られていないランキングですが、気になりはしますよね!
1位はバルセロナです。
3位にはナポリがランクインです。10年前には考えられない順位にいます。

日本は102位にガンバ大阪、156位にサンフレッチェ広島、166位に柏レイソルです。
やはりACLに出場し、FIFAクラブW杯に出場していると順位は高そうですね。

ちなみに本田が所属しているACミランは153位です。。。

以下、ベスト200です。

1 バルセロナ FC Barcelona
2 ユヴェントス Juventus FC Torino
3 ナポリ SSC Napoli
4 バイエルン・ミュンヘン FC Bayern München
5 パリ·サンジェルマン Paris Saint-Germain FC
6 レアル・マドリード Real Madrid CF
7 インデペンディエンテ・サンタフェ Club Independiente Santa Fe CD, Bogotá
8 フィオレンティーナ AC Fiorentina Firenze
9 CAリーベル・プレート CA River Plate Buenos Aires
10 ヴォルフスブルク VfL Wolfsburg
11 ボルシア・ドルトムント BV Borussia 09 Dortmund
12 セビージャ Sevilla FC
13 ボカ・ジュニアーズ CA Boca Juniors Buenos Aires
14 アーセナル Arsenal FC London
15 FCバーゼル FC Basel
16 UANLティグレス CF Tigres de la UANL
17 ラツィオ SS Lazio Roma
18 インテルナシオナル SC Internacional Porto Alegre
18 アスレティック・ビルバオ Athletic Club, Bilbao
20 ASモナコ AS Monaco FC
21 CSエメレク Club Sport Emelec Guayaquil
22 クラブ・ブルッヘ Club Brugge KV
23 アトレティコ・マドリード Club Atlético de Madrid
24 セルティック Glasgow Celtic FC
25 コリンチャンス SC Corinthians Paulista São Paulo
26 ディナモ·ザグレブ NK Dinamo Zagreb
27 ビジャレアルCF Villarreal CF
28 クラブ・グアラニー Guaraní FC Asunción
29 ラシン・クラブ Racing Club de Avellaneda
30 ディナモ·キエフ FC Dinamo Kyiv
31 ゼニト·サンクトペテルブルク FC Zenit St. Petersburg
32 サンパウロFC São Paulo FC
32 FCポルト FC do Porto
34 CAウラカン Club Atlético Huracán
35 サンテティエンヌ AS de Saint-Etienne
35 エトワール・サヘル Étoile Sportive du Sahel
37 レバークーゼン TSV Bayer 04 Leverkusen
38 ASローマ AS Roma
39 フェネルバフチェ Fenerbahçe SK İstanbul
40 マンチェスター·ユナイテッド Manchester United FC
41 アヤックス AFC Ajax Amsterdam
42 リバプール Liverpool FC
43 オリンピアコス PAE Olympiakos SFP Pireas
44 ラピド・ウィーン SK Rapid Wien
45 スポルティング・リスボン Sporting Clube de Portugal
45 FCドニプロ・ドニプロペトロウシク FC Dnipr Dnipropetrovsk
47 クラブ・リベルタ Club Libertad Asunción
48 アル・アハリ Al-Ahli SC Jeddah
49 エストゥディアンテス Estudiantes de La Plata
49 チェルシー Chelsea FC London
51 クルゼイロEC Cruzeiro EC Belo Horizonte
52 レギア・ワルシャワ KP Legia Warszawa
52 FCクバン・クラスノダール FC Kuban’ Krasnodar
54 KAAヘント KAA Gent
54 シャフタール·ドネツク FC Shakhtar Donetsk
56 マンチェスター·シティ Manchester City FC
57 パルチザン・ベオグラード FK Partizan Beograd
58 トッテナム Tottenham Hotspur FC
58 ローゼンボリ Rosenborg BK Trondheim
60 アル・ヒラル Al-Hilal FC Riyadh
61 スパルタ·プラハ AC Sparta Praha
62 アトレチコ・ナシオナル CDC Atlético Nacional Medellín
63 FC BATEボリソフ FC BATE Borisov
64 アポエル APOEL Lefkosia
65 FCスロヴァン・リベレツ FC Slovan Liberec
66 FCアスタナ FC Astana
66 クラブ・アメリカ CF América Ciudad de México
68 PAOK PAOK Thessaloniki
69 アンデルレヒト RSC Anderlecht
69 クラブ・アトレティコ・ミネイロ CA Mineiro Belo Horizonte
71 シャルケ04 FC Schalke 04
71 ボルドー FC Girondins de Bordeaux
73 広州恒大 Guangzhou Evergrande FC
73 レフ・ポズナン KKS Lech Poznań
75 ハイドゥク・スプリト Hajduk Split
75 PSVアイントホーフェン PSV Eindhoven
77 カラバフ FK Qarabağ Ağdam FK
77 バレンシア Valencia CF
79 プルゼニ FC Viktoria Plzeň
80 ボルシア・メンヒェングラートバッハ Borussia VfL Mönchengladbach
80 FCソウル FC Seoul
82 ガラタサライ Galatasaray SK İstanbul
83 ステアウア·ブカレスト FC Steaua Bucureşti
84 インテルナツィオナーレ・ミラノ FC Internazionale Milano
84 CSKAモスクワ PFC CSKA Moscow
86 アル・ザマレク Zamalek SC Cairo
86 スポルティング・ブラガ SC Braga
88 レッドブル・ザルツブルク FC Red Bull Salzburg
88 FCアストラ・プロイェシュティ AFC Astra Giurgiu, Ploieşti
90 USMアルジェ USM Alger
90 LDUキト LDU de Quito
92 FCシオン FC Sion
93 CAサン・ロレンソ CA San Lorenzo de Almagro Buenos Aires
94 FCカイラト FC Kairat Almaty
95 CSDコロコロ CSD Colo Colo, Santiago
95 FCミッティラン FC Midtjylland
95 ベシクタシュJK Beşiktaş JK
98 アル・アハリ Al-Ahly SC
98 チョンボク・ヒュンダイ CB Jeonbuk Hyundai Motors
100 モルデ Molde FK
100 ベンフィカ Sport Lisboa e Benfica
102 ガンバ大阪 Gamba Osaka
103 サントスFC Santos FC
103 マルセイユ Olympique de Marseille
103 HNKリエカ HNK Rijeka
106 オモニア・ニコシア AC Omonia Nicosía
107 スポルティボ・ルケーニョ Club Sportivo Luqueño
108 KSスケンデルベウ・コルチャ SK Skënderbeu Korçë
109 アル・メッリ Al-Merrikh SC
111 ザ・ストロンゲスト Club The Strongest La Paz
111 MŠKジリナ MŠK Žilina
113 CAインデペンディエンテ CA Independiente
113 アトレティコ・ジュニオール CD Junior FC SA
115 アル・ヒラル・オムドゥルマン Al-Hilal Omdurman
115 エスペランス・スポルティーブ・ドゥ・チュニス Espérance Sportive de Tunis
117 TPマゼンベ TP Mazembe Lubumbashi
117 AZアルクマール AZ Alkmaar
117 FCロコモティフ・モスクワ FC Lokomotiv Moscow
120 オリンピア・アスンシオン FBC Olimpia Asunción
120 スウォン・サムスン Suwon Samsung Bluewings
122 ラヌス CA Lanús
122 スタンダール・リエージュ Royal Standard de Liège
124 ロサリオ・セントラル CA Rosario Central
124 ガバラFK Gabala FK
124 CSエレディアーノ Club Sport Herediano
124 トリノ FC Torino FC
124 ソンナムFC Seongnam FC
129 グレミオ Grêmio Foot-Ball Porto-Alegrense
129 アポロン・リマソール Apollon Limassol FC
129 エヴァートン Everton FC
132 マッカビ・テルアビブFC Maccabi Tel Aviv FC
133 SEパルメイラス SE Palmeiras
133 ウェストハム・ユナイテッドFC West Ham United FC
135 FCディナモ・ミンスク FC Dinamo Minsk
135 オリンピック・リヨン Olympique Lyonnais
137 ブリーラム・ユナイテッドFC PEA Buriram United FC
138 ルビン·カザン FK Rubin Kazan
138 アバディーンFC Aberdeen FC
140 FKラボトニツキ FK Rabotnički
141 アトレチコ・パラナエンセ Club Atlético Paranaense
142 アル・クウェート Al-Kuwait SC Kaifan
142 CFベレネンセス Clube de Futebol Os Belenenses
142 ŠKスロヴァン・ブラチスラヴァ ŠK Slovan Bratislava
142 CSスファクシアン CS Sfaxien
146 パナシナイコスFC Panathinaikos FC
146 マルメFF Malmö FF
148 PFCベロエ・スタラ・ザゴラ PFC Beroe Stara Zagora
148 オーランド・パイレーツFC Orlando Pirates FC
150 ブレンビーIF Brøndby IF
150 セロ・ポルテーニョ Cerro Porteño FBC Asunción
152 ジョホール・ダルル・タクジムFC Johor Darul Ta'zim FC
153 デポルテス・トリマ Deportes Tolima
153 サウサンプトンFC Southampton FC
153 ACミラン AC Milan
156 FKヤブロネツ FK Jablonec
156 サンフレッチェ広島 Sanfrecce Hiroshima
158 コペンハーゲン FC København
159 EAギャンガン En Avant Guimgamp
160 シャペコエンセ Chapecoense AF
160 スポルチ・レシフェ SC Recife
162 アル・アインFC Al Ain FC
163 CDパレスティーノ CD Palestino
163 FCアウクスブルク FC Augsburg
165 インヴァネス・カレドニアン・シッスルFC Invernes Caledonian Thistle FC
166 クラブ・ウニベルシタリオ Club Universitario
166 柏レイソル Kashiwa Reysol
166 オッド・グレンランド Odds BK
166 クルセイダーズFC Crusaders FC
166 FCファドゥーツ FC Vaduz
171 アル・カーディシーヤ・クウェート Qadisia SC, Al Kuwait
172 CSDインデペンディエンテJT CSD Independiente del Valle, Sangolquí
172 デポルティーボ・タチラFC Deportivo Táchira FC
174 FKジェリェズニチャル・サラエヴォ FK Željezničar Sarajevo
174 FKトラカイ FK Trakai
174 IFエルフスボリ IF Elfsborg Borås
177 セルタ・デ・ビーゴ Celta de Vigo
177 レフウィヤSC Lekhwiya SC, ad-Dōha
179 シャルルロワSC Royal Charleroi Sporting Club
180 インデペンディエンテ・メデジン Deportivo Independiente Medellín
181 PFCチェルノ・モレ・ヴァルナ PFC Ludogorets Razgard
182 RCDエスパニョール RCD Espanyol
182 フェレンツヴァーロシュTC Ferencvárosi TC
182 アル・サッド Al-Sadd SC
182 FKヴォイヴォディナ・ノヴィサド FK Vojvodina Novi Sad
186 AEKラルナカ AEK Larnaca
186 FCゾリャ・ルハーンシク FC Zorya Luhansk
188 レフスキ・ソフィア PFC Levski Sofia
188 HJKヘルシンキ HJK Helsinki
188 トラブゾンスポル・クラブ Trabzonspor AŞ
188 モンテビデオ・ワンダラーズFC Montevideo Wanderers FC
192 ワリ・ウルヴスFC Warri Wolves FC
192 FCピュニク・エレバン FC Pyunik
192 インテル・バクーPFC Inter Baku PIK
192 FCトゥーン FC Thun
196 FKクケシ FK Kukësi
182 FKチュカリチュキ FK Čukarički
197 フルミネンセ Fluminense FC Rio de Janeiro
197 バルセロナ・デ・グアヤキル Barcelona Sporting Club Guayaquil
197 レスター・シティFC Leicester City FC
197 VMFDジャルギリス・ヴィリニュス VMFD Žalgiris Vilnius
197 FCフローニンゲン FC Groningen
197 ナサフ・カルシ Nasaf Qarshi FK

W杯アジア二次予選3/24・3/29 日本代表メンバー発表【サッカー情報ナビ】

W杯アジア二次予選のアフガニスタン戦とシリア戦を
戦う日本代表メンバーが発表になりました!!

川島とハーフナーマイクが久しぶりの召集です。

格下相手にどのような戦いができるのか、内容が問われる試合になりますね。
こう見ると海外組みが多いですね。
ハリルって国内リーグから呼ぶって有名だったような。。。
それだと結果が出てないからしょうがないんでしょうか。

どちらにしても、いい試合をして欲しいですね!


以下、代表メンバー

▼GK
東口順昭(ガンバ大阪)
西川周作(浦和レッズ)
川島永嗣(ダンディー・ユナイテッド)
林彰洋(サガン鳥栖)

▼DF
酒井宏樹(ハノーファー)
酒井高徳(ハンブルガーSV)
長友佑都(インテル)
藤春廣輝(ガンバ大阪)
吉田麻也(サウサンプトン)
槙野智章(浦和レッズ)
森重真人(FC東京)
昌子源(鹿島アントラーズ)

▼MF
長谷部誠(フランクフルト)
山口蛍(ハノーファー)
柏木陽介(浦和レッズ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン)
香川真司(ドルトムント)
清武弘嗣(ハノーファー)

▼FW
本田圭佑(ミラン)
小林悠(川崎フロンターレ)
宇佐美貴史(ガンバ大阪)
岡崎慎司(レスター・シティ)
金崎夢生(鹿島アントラーズ)
ハーフナー・マイク(ADOデン・ハーグ)

アジアベストイレブン発表 2016【サッカー情報ナビ】

英紙がアジアベストイレブンを発表しました!

日本からはなんと5人も選出されています!

こう見ると、アジアの選手といっても日本の選手しか知らない。。
オマーンのGKは日本と戦った時のを覚えてますが^^;

【アジアベストイレブン 2016】

○GK
アリ・アル・ハブシ(オマーン/レディング)

○DF
長友佑都 (日本/インテル)
吉田麻也 (日本/サウサンプトン)
ジャン・リンポン(中国/広州恒大)
金珍洙  (韓国/ホッフェンハイム)

○MF
本田圭佑 (日本/ミラン)
香川真司 (日本/ドルトムント)
キ・ソンヨン (韓国/スウォンジー)
ソン・フンミン (韓国/トッテナム)

○FW
岡崎慎司 (日本/レスター・シティ)
アハマド・ハリル(UAE/アルアハリ)

2016年 Jリーグ 監督年俸ランキング【サッカー情報ナビ】

2016年のJリーグ監督年俸ランキングです。

意外と貰ってる人や貰ってない人、それぞれですね。
やっぱり実績の世界なので、井原や名波など元日本代表選手でも
そこまで貰ってないのが現実なんですね。

やはり世界と比べてしまうと安い。。。

○監督平均年俸
5172万円


【Jリーグ監督年俸ランキング 2016】

1位 ネルシーニョ 1億5000万円 ヴィッセル神戸
2位 長谷川 健太 1億円  ガンバ大阪
3位 ペトロビッチ 8000万円 浦和レッズ
3位 ミルトン 8000万円 柏レイソル
5位 マッシモ  7000万円 サガン鳥栖
6位 森保 一 6000万円 サンフレッチェ広島
7位 風間 八宏 5000万円 川崎フロンターレ
8位 城福 浩 4800万円 FC東京
9位 曺 貴裁 4500万円 湘南ベルマーレ
10位 エリク  4000万円 横浜F・マリノス
10位 石井 正忠 4000万円 鹿島アントラーズ
12位 渋谷 洋樹 3500万円 大宮アルディージャ
13位 井原 正己 3000万円 アビスパ福岡
13位 小倉 隆史 3000万円 名古屋グランパス
13位 渡邉 晋  3000万円 ベガルタ仙台
16位 吉田 達磨 2800万円 アルビレックス新潟
17位 佐久間 悟 2500万円 ヴァンフォーレ甲府
18位 名波 浩 2000万円 ジュビロ磐田

2016年Jリーグ開幕戦 観客動員数ランキング

今年の開幕戦は2月に行われました。
まだ、寒さが残る中どれくらいの人数になったのでしょうか!?

1位はなんと味の素スタジアム開催されたFC東京×大宮アルディージャ戦です!

実は自分も見にいきましたが、とにかく寒かった。
やっぱ2月の開幕戦はやめて欲しい。。特に夜は。

浦和レッズが意外ですね。
スタジアムの問題もあるとは思いますが。

以下、ランキングです。

1位:25776人 FC東京-大宮アルディージャ
2位:24898人 横浜F・マリノス-ベガルタ仙台
3位:23862人 ヴィッセル神戸-ヴァンフォーレ甲府
4位:19762人 サガン鳥栖-アビスパ福岡
5位:18120人 サンフレッチェ広島-川崎フロンターレ
6位:14333人 ジュビロ磐田-名古屋グランパス
7位:14058人 湘南ベルマーレ-アルビレックス新潟
8位:13416人 柏レイソル-浦和レッズ

日本代表トレーニング合宿 代表発表 2016年3月7日~9日

日本代表合宿に選ばれたメンバーが発表になりました!

ここからW杯予選を突破する為の代表が選ばれると思われます。

個人的には昌子・丸山・浅野に期待してます!

GKは誰が頭角を現してくるのか、わからないだけに
この合宿の成績で今後が決まってくる重要な合宿ですね!

■日本代表候補26名

▼GK
東口順昭(ガンバ大阪)
西川周作(浦和レッズ)
六反勇治(ベガルタ仙台)
林彰洋(サガン鳥栖)

▼DF
槙野智章(浦和レッズ)
森重真人(FC東京)
米倉恒貴(ガンバ大阪)
藤春廣輝(ガンバ大阪)
塩谷司(サンフレッチェ広島)
丸山祐市(FC東京)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)

▼MF
柏木陽介(浦和レッズ)
遠藤康(鹿島アントラーズ)
武藤雄樹(浦和レッズ)
米本拓司(FC東京)
柴崎岳(鹿島アントラーズ)
遠藤航(浦和レッズ)

▼FW
興梠慎三(浦和レッズ)
小林悠(川崎フロンターレ)
金崎夢生(鹿島アントラーズ)
永井謙佑(名古屋グランパス)
齋藤学(横浜F・マリノス)
宇佐美貴史(ガンバ大阪)
浅野拓磨(サンフレッチェ広島)

FIFAランキング 2016年3月発表 日本はアジア2位浮上。

2016年3月のFIFAランキングが発表になりました!

気になる日本はなんと56位。2位ランクアップです!
アジアでも2位に浮上しました。

1位はベルギーで5ヶ月連続キープ!
これの順位はいつまで続くのか楽しみです♪


【FIFAランキング 2016年3月発表】

1 ベルギー
2 アルゼンチン
3 スペイン
4 ドイツ
5 チリ
6 ブラジル
7 ポルトガル
8 コロンビア
9 イングランド
10 オーストリア
11 ウルグアイ
12 スイス
13 エクアドル
14 イタリア
15 オランダ
16 ルーマニア
17 ウェールズ
18 クロアチア
19 ハンガリー
20 トルコ
21 ボスニア・ヘルツェゴビナ
22 メキシコ
23 ロシア
24 フランス
25 チェコ共和国
26 スロバキア
27 ウクライナ
28 北アイルランド
29 アイルランド
30 アメリカ合衆国
31 カーボベルデ
31 ポーランド
33 コスタリカ
34 スウェーデン
35 アルバニア
36 コートジボワール
37 アルジェリア
38 アイスランド
39 ギリシャ
40 デンマーク
41 ガーナ
42 ペルー
43 パラグアイ
44 イラン
45 スコットランド
46 フィンランド
47 チュニジア
48 セネガル
49 トリニダード・トバゴ
50 セルビア
51 ノルウェー
52 ジャマイカ
53 エジプト
54 スロベニア
55 パナマ
56 日本
57 韓国
58 コンゴ民主共和国
59 コンゴ
60 サウジアラビア

2016年3月の日本代表戦一覧【サッカー情報ナビ】

2016年3月の日本代表戦は盛りだくさん!

こんなに代表戦を行う月もめずらしいですね。
サッカーファンにはたまらない一ヶ月になりそうです♪

なでしこジャパンは五輪出場をかけて戦います!!


○日本代表(2016年3月)
 ・W杯アジア2次予選
  2016年3月24日 19:30  日本 vs アフガニスタン 埼玉スタジアム
  2016年3月29日 19:30 W杯アジア2次予選 日本 vs シリア 埼玉スタジアム

○U-23日本代表(2016年3月)
 ・国際親善試合
  2016年3月25日 U-23 日本 vs メキシコ リオ・マイオールスタジアム(ポルトガル)

○なでしこジャパン日程(2016年2月~3月)
 ・五輪アジア最終予選
  2016年2月29日 19:35  日本 vs オーストラリア キンチョウスタジアム
  2016年3月2日 19:35  日本 vs 韓国 キンチョウスタジアム
  2016年3月4日 19:35  日本 vs 中国 キンチョウスタジアム
  2016年3月7日 19:35  日本 vs ベトナム キンチョウスタジアム
  2016年3月9日 19:35  日本 vs 北朝鮮 キンチョウスタジアム

2016年夏 移籍金フリー選手ベスト11【サッカー情報ナビ】

今年の夏に移籍金なしで移籍可能な選手を紹介します!

かなり有力な選手が多いだけに、各チームの争奪戦が繰り広げられること間違いなしです。


【2016年夏 移籍金フリー選手ベスト11】

○GK

ヴォイチェフ・シュチェスニー(ローマ/ポーランド)

 

○DF

グレゴリー・ファン・デル・ヴィール(PSG/オランダ)

ジョン・テリー(チェルシー/イングランド)

ジョエル・マティプ(シャルケ/カメルーン)

パトリス・エブラ(ユベントス/フランス)

 

○MF

ソフィアン・フェグリ(バレンシア/アルジェリア)

リッカルド・モントリーボ(ACミラン/イタリア)

エベル・バネガ(セビージャ/アルゼンチン)

 

○FW

ズラタン・イブラヒモビッチ(PSG/スウェーデン)

フェルナンド・トーレス(A・マドリード/スペイン)

エセキエル・ラベッシ(PSG/アルゼンチン)

本田が所属しているミランもCL出場権を獲得できれば、イブちゃんを獲りたいって
噂がでてますね。
その他にもジョンテリーやトーレスなど、すごい選手揃いです。

日本に来てくれる選手もいるかも!?

サッカー情報ナビ
ユニフォームランキング
  • ライブドアブログ